新刊・新作カレンダーのジャンル

新作情報検索

全てのジャンルから検索します。【説明

【PS4】.hack//G.U. Last Recode PREMIUM EDITION【早期購入特典】オリジナルPS4カスタムテーマが貰えるプロダクトコード同梱【Amazon.co.jp限定】アイテム未定

発売元:バンダイナムコエンターテインメント
価格:11448円
人気:10位
種類:Video Game



コメント

あなたは?
感想は?
 


まだコメントはありません。




【PS4】.hack//G.U. Last Recode PREMIUM EDITION【早期購入特典】オリジナルPS4カスタムテーマが貰えるプロダクトコード同梱【Amazon.co.jp限定】アイテム未定の追加情報

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(、略:、バンナム)は、アーケードゲームコンシューマーゲームなどのゲームソフトの制作および開発を行う日本の企業。バンダイナムコホールディングスの完全子会社であり、バンダイナムコループにおける中核企業の一つ。本社は東京都港区。

ナムコを母体としており、2006年3月31日にアミューズメント施設事業を新たに設立した株式会社ナムコに譲渡し、株式会社バンダイゲーム部門を統合しバンダイナムコゲームス(Namco Bandai Games Inc.→2014年4月1日よりBandai Namco Games Inc.)に変更、そして2015年4月1日に現社名に変更した。キャッチコピーは「アソビきれない毎日を。」。

略称の「バンナム」は、バンダイナムコエンターテインメント発売のゲーム内にも登場している(一例として「ゲームセンターCX 有野の挑戦状2」内の「課長は名探偵」の「バンナムビル」など)。なお、過去にエンターブレイン(現・KADOKAWA)のゲーム雑誌ファミ通PLAYSTATION+』内コーナーバンダイナムコスポーツにおいて、「バムコ」の名称が用いられていた。

概要

1955年6月1日に中村雅哉が有限会社中村製作所(なかむらせいさくじょ)を設立。1971年に「」の略としてnamcoブランドの使用を開始し、1977年には社名もナムコと改めた(当時の英語名は「」)。

2005年6月25日の第50回定時株主総会でナムコバンダイの経営統合の議案が可決承認され、上場会社としてのナムコは9月29日に幕を下ろし、以降は株式会社バンダイナムコホールディングスの子会社となった。

2006年3月31日、バンダイゲーム部門を統合し、社名をバンダイナムコゲームスに変更した。バンダイナムコホールディングスにおいてゲーム部門を受け持つ企業としての立場を明確にした。

2008年4月1日、バンプレストゲーム事業の譲受と共にバンプレストレーベルを新設。2009年4月1日、バンダイネットワークスを吸収合併した。同日、ナムコバンダイバンプレストの各レーベルごとの公式サイトと全レーベルの総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合し、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアルされた。サイト統合後は、全レーベルのタイトルを一貫して掲載しサイトへのレーベル表示も行わなくなった。

サイト統合以降もレーベル自体を統合した訳ではなく、パッケージ表面およびゲーム起動時に表示するロゴマークについては、各レーベルのものが使い分けられていた(ゲーム起動時に表示されるロゴマークは、2014年1月現在家庭用ゲームではバンダイナムコゲームスのロゴ、各レーベルのロゴの順。ただし「機動戦士ガンダム 戦場の絆」等の一部アーケード作品ではバンダイナムコゲームスレーベルのみ)。2014年4月1日以降に発売されるソフトについては各レーベル表記を廃し、バンダイナムコゲームスレーベルに完全統合された。

社名をそのままアルファベット表記するとであり、社名ロゴタイプも同様であるが、当初英文社名は「」(略称:NBGI)としていた。2014年4月1日より英文社名を日文と同様の「」(略称:BNGI)に変更した商船三井の「MOL」などがよく知られているが、合併した会社などが日本語と英語で記述順を逆にするのは珍しいことではない。。なお日本国内では日本語社名の順序に従い、当初から「BNG」或いは「BNGI」と略する場合もあった。

2015年4月1日に、社名を「バンダイナムコゲームス」から「バンダイナムコエンターテインメント」 (BANDAI NAMCO Entertainment Inc.) (略称:BNEI)に変更した。

事業所
本社 - 東京都港区芝5丁目37番8号 バンダイナムコ未来研究所(住友不動産三田ビル)
商品センター - 神奈川県川崎市川崎区東扇島26-5
沿革
1955年6月1日 - 有限会社中村製作所として創業。横浜の百貨店の屋上に、木馬2台を設置。
1959年 - 株式会社に改組。
1967年 - 大阪事務所(後の関西支社)を開設port.net/cms-files/E996A2E8A5BFE694AFE7A4BEE99689E98E96E6A188E58685E6_2.pdf" TARGET="_blank">関西支社営業終了のご案内バンダイナムコエンターテインメント 2016年1月
1971年 - namcoブランドの使用を開始。
1974年 - アタジャパン2000年に設立された仏国インフォグラム社の日本法人とは別法人。を買収、アーケードゲームに進出。
1977年 - 株式会社ナムコに社名変更。
1979年 - 日米ゲームメーカーの関係が、これまではナムコアタリ、またはミッドウェイ(今のミッドウェイゲームズ)とタイトーが親密だったが、各社の事情により『ギャラクシアン』から『パックマン』までは、ナムコとミッドウェイが親密になる。
1984年 - MSXパソコン用のレーベルとして「namcot(ナムコット)」をスタートさせる。同年2月には任天堂と提携してファミリーコンピュータにもソフトを供給するnatsukashi">株式会社QBQ編 『懐かしファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784906735891 p117
1986年 - イタリアントマトを買収ポッカクリエイト(ポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)子会社)との折半出資だったが、バンダイとの経営統合時にナムコより株式を譲り受けたキーコーヒーが連結子会社化。決算対象からは外れている。
1988年 - 東京証券取引所2部に上場。
1988年 - 神奈川県横浜市港北区(現・都筑区)に「横浜未来研究所」を開設(2008年閉鎖)。
1991年 - 東京証券取引所1部に上場した。
1992年 - ナムコワンダーエッグ開園(テーマパーク事業進出)。
1994年 - 神奈川県横浜市神奈川区に「横浜クリエイティブセンター」を開設。
1995年 - 家庭用ゲームのレーベルnamcot廃止。業務用レーベルのnamcoに統合される。
1997年 - 日活に出資、子会社化2005年に株式をインデックスに譲渡し資本関係を解消。
1997年 - CRフィーバーピストル大名を開発。パチンコ・パチスロの液晶基板と映像ソフトの制作を始める。
2001年 - エニックス、スクウェア(現・スクウェア・エニックス)、およびセガ(現・セガゲームス)と業務提携。
2005年9月30日 - バンダイと共同持株会社・バンダイナムコホールディングスを設立し、同社の100%子会社になる。
2006年3月31日 - バンダイの家庭用ゲーム事業を譲受し、「株式会社バンダイナムコゲームス」に商号変更。アミューズメント施設運営組織・新規事業部門の一部事業部門を新設会社「株式会社ナムコ」(2代)に移管。「ナムコ」の商号を受け継ぐ。
2007年
3月6日 - ソニー・コンピュータエンタテインメントと合弁会社「セリウス」を設立。
5月 - 子会社モノリスソフトの株式80%を任天堂へ譲渡。
6月 - 本社および事業拠点を東京都品川区東品川4-5-15(旧・品川パナソニックビル)に移転。「未来研究所」と命名する(アミューズメント施設運営の〈新〉ナムコは移転せず)。
11月 - 2008年4月1日よりバンプレストゲーム事業を譲受予定と発表。
2008年
4月1日 - バンプレストを吸収合併しゲーム事業を統合、その際にプライズゲーム用景品部門を母体とした新法人「バンプレスト」を設立。
8月6日 - 2009年4月1日を目処にバンダイネットワークスを統合すると発表。
11月 - 携帯電話コンテンツ事業部署を横浜クリエイティブセンターから本社近隣の品川シーサイドパークタワー(バンダイネットワークスの階上)に移転。
2009年
2月12日 - ディースリーの完全子会社化を目的とした公開買い付けを開始。
3月24日 - ディースリーを完全子会社化。
4月1日 - バンダイネットワークスを吸収合併、同日よりバンダイナムコバンプレストの各レーベルおよび総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアル。石川祝男のバンダイナムコホールディングス社長就任に伴い、鵜之澤伸が社長に就任。
10月1日 - インターネットを利用したオンライゲームその他ソフトウェア、サービスの企画・開発・運営の子会社として、株式会社バンダイナムコオンラインを設立。
2010年
2月18日 - 制作ユニット毎に売上責任を負わせることを発表。
4月1日 - 統合後初のグループ連結赤字350億円の大半がゲーム部門であったため、鵜之澤が責任を取り副社長に降格。石川が出戻り、バンダイナムコホールディングス社長と兼務する。ディースリーが新ディースリー・パブリッシャーとして再編しバンダイナムコホールディングス傘下に。
2011年
3月14日 - 東北地方太平洋沖地震を受け、バンダイナムコループとして1億円とグループ社員からの募金を義援金として寄付すると発表。
4月1日 - 子会社のベックとバンプレソフトを統合、新会社名をB.B.スタジオとする。
DeNAの共同出資の「BDNA」(後にBNDeNA)を設立する。
2012年
1月1日 - ナムコ・テイルズスタジオを吸収合併。
2月29日 - セリウスを解散。
4月2日 - 開発部門(約1000人)を新会社「バンダイナムコスタジオ」に分社。
2014年
3月31日 - BNDeNAを解散。
4月1日 - 英文社名を「」から「」に変更。
2015年4月1日 - 株式会社バンダイナムコエンターテインメントに商号変更。
2016年
2月2日 - 本社を東京都港区芝5丁目37-8(バンダイナムコ未来研究所〈住友不動産三田ビル〉)へ移転。
2月29日 - 関西支社を閉鎖。関西支社で行っていた業務は同年3月1日付で本社やテクニカルセンターへ移管
10月17日 - テクニカルセンターを東京都品川区勝島から神奈川県横浜市神奈川区へ移転。
2017年
1月22日 - 中村雅哉(バンダイナムコエンターテインメント名誉相談役)が死去。満91歳没。
4月3日 - テクニカルセンターを新会社「バンダイナムコテクニカ」に分社。
7月14日 - 国内最大級となるVR体感施設『VR ZONE SHINJUKU』を新宿にオープン。
8月3日 - ドリコムとの共同出資の新会社である「BXD」を設立。
ナムコのキャッチコピー
「オモいカルチャーをオモチャーと言う」
「自宅で遊べるナムコット」

上記2つは最初期のCMで、1984-85年頃のパックマン、ゼビウス等といったファミコンソフト発売時に放映されたもの。CM曲には細野晴臣の「Non Standard Mixture」の一部が使われており、細野自身もCMに出演していた。

「クーソーは、頭のコヤシです」
「クーソーしてから、寝てください」
「遊びをクリエイトするナムコ

最後のキャッチコピー「遊びをクリエイトするナムコ」は、以後もナムコブランドのゲームのパッケージのロゴ付近にあしらわれ、2014年のBNGIへのブランド統合まで長く親しまれた。

「2001年の大人(クリエイター)達へ」
「集まれ前科者」、「大学8年生に届いた採用通知後のナムコ代表取締役社長である橘正裕が旧ナムコに入社した時の実話に基づく。」、「『C』が多くてもいいじゃないか」、「■肉■食は、弱肉強食か、焼肉定食か」(求職者向け会社案内より)
ゲームタイトル

バンダイナムコバンプレストゲーム部門を統合する前から各社ゲームソフトの開発が続けられていたため、2006年から2009年3月までは旧バンダイ・旧ナムコ・旧バンプレストのロゴをそれぞれバンダイレーベルナムコレーベルバンプレストレーベルと称し、便宜的な名義(ブランド名)として使用していた。(アーケードゲームにおいては、2014年1月現在ナムコレーベル、およびバンダイナムコゲームスレーベルの二つを使用している)。公式サイトへのレーベル表示を廃止した、2009年4月以降も2013年までパッケージ表面・ゲームソフト起動時に表示するロゴマークについては、前述の戦場の絆等一部アーケード作品を除き、各レーベルのものを引き続き使い分けていたが、2014年以降は一部を除き家庭用作品も、バンダイナムコゲームスレーベルのみが用いられている。

レーベルの変更

一部のゲームは、移植版や続編が登場する際、レーベルが変更される場合がある。以下がその一例である

ゲームセンターCX 有野の挑戦状』(ナムコレーベル):続編『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』よりバンダイレーベルへ移行
『機動戦士ガンダム vs.シリーズ』(アーケードゲーム、旧バンプレストバンプレストレーベルエクストリームバーサス以降はバンダイナムコゲームスレーベル):家庭用版はバンダイレーベルで発売
『機動戦士ガンダム 戦場の絆』(アーケードゲーム、旧バンプレスト、Rev2.0よりバンダイナムコゲームスレーベル):PSP版はバンダイレーベルで発売
『魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE BATTLE OF ACES-』(ナムコレーベル):続編『魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-』はバンプレストレーベルに変更
『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』(バンプレストレーベル):『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』はナムコレーベルに変更
出身者
岩谷徹(東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授)
遠藤雅伸(東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授、株式会社ゲームスタジオ相談役)
中潟憲雄(有限会社デジフロイド代表取締役)
細江慎治(株式会社スーパースィープ代表取締役)
佐宗綾子(株式会社スーパースィープ取締役)
大久保良一(株式会社トムキャットシステム代表取締役)
高橋由紀夫(株式会社トムキャットシステム取締役)
鈴木宏治(株式会社ノイズ代表取締役)
岩崎拓矢(株式会社ILCA代表取締役)
関連会社
ナムコ・テイルズスタジオ
B.B.スタジオ
ロケットスタジオ
著作権表記

経営統合後の同社の各ゲーム作品の著作権表記は「©NBGI」(家庭用ゲーム機)または「©NAMCO BANDAI Games Inc.」(アーケードゲーム機)に統一されている。2014年4月に英文社名表記が変更されてからは家庭用・アーケードを問わず「©BANDAI NAMCO Games Inc.」が用いられるようになり、「©BNGI」の方は省略形にとどまっている。

ただし、全ての『ガンダムリーズ』系のゲーム作品には存在しない(『ガンダム』以外のサンライズ制作のゲーム作品を除く)。これは『コンパチヒーローシリーズ』、『スーパーロボット大戦シリーオリジナル作品系では「SRWOG PROJECT」名記。OGシリーズに登場していないオリジナル機体のプラモデルにおいてもこの名記となっている。』、『Another Century's Episode』シリーズも同様であり、また、『アイビィ・ザ・キウィ?』や3DS版『テトリス』、ディズニーゲーム作品にも同様である

同社が経営統合後の2008年4月以前は提供クレジットでは「バンダイ」と「ナムコ」であり、後者のレーベルのみ「バンダイナムコゲームス」の提供クレジットを使用することがあった。同年4月以降「バンプレスト」から移管され、正式に全てのレーベルで「バンダイナムコゲームス」の提供クレジットが表示されるようになった。なお、2009年3月まではバンダイナムコゲームスのロゴをCMで使用するのはごく稀であり、通常はバンダイナムコバンプレスト各社のロゴで表示されていたが、同年4月以降はサイト統合により、前述の戦場の絆等一部のアーケード作品ではバンダイナムコゲームスレーベルを使用している。
2014年になって、TVCMの最後にサウンドロゴを導入した(白バックで画面中央にメーカーロゴを表示、「バンダイナムコ」という男声のナレーションが入る。ちなみに、このナレーションの担当は、声優の* 高橋信。)
Amazon.co.jpにおけるメーカー名表記は、2010年半ばまでは当該レーベル毎であったが、同年以降バンダイナムコゲームスで統一されたバンプレストレーベルのみ、変更されるまでに時間がかかった。
2007年から2016年2月1日まで入居していた旧本社ビルの元になった旧品川パナソニックビルは、1992年に松下電器産業(現・パナソニック)によって建設されたもので、周辺にビルの日陰を作らないように配慮された結果、台形の外観となった。2006年3月に地元の不動産業者に売却された。旧本社ビルは旧本社における営業最終日当日から解体工事が開始され、跡地にはマンションが建設される予定となっている。
一部の雑誌やネット上などでは「バンダイナムコゲームズ」と誤植されることがある
作品に対する登録商標または商標のマーク表示は、旧ナムコが1990年代から行うようになった。合併以降レーベル統合後の2014年現在においても、旧ナムコおよびナムコレーベルの流れを汲むオリジナルタイトルにのみ慣例的に行われているただし、統合以前にはバンプレスト系の『アルトネリコ』シリーズ(2の廉価版以降)のような例外もあった。
任天堂製ハード向けの作品に対してのみ、パッケージ裏面に「Produced by 株式会社バンダイナムコゲームス」とメーカー名が記載されているにもかかわらず、表面の下部に「発売元:株式会社バンダイナムコゲームス」と二重に記載している。
新規開発事業
Kid'sきずな事業 - 絵本『みのりちゃんのすてきなおうち』の出版と『きずなstyle』の運営。
ハッスル倶楽部 - アーケードゲームをベースとしたリハビリテーション機器の開発・販売。(旧)ナムコの新規開発事業として開始され、2006年のNBGI設立時に一旦ナムコ(2代)へ移管されたが、2009年に再譲受したものの、2013年3月に撤退(修理などのサポートは継続)。「talkingaid.net/" TARGET="_blank">トーキングエイド」シリーズはバンダイナムコの元社員が設立した株式会社ユープラスが継承。
注釈

出典

関連項目
ラジオはアメリカン - かってスポンサーをしていたラジオ番組
NG (ゲーム情報誌)
Side-BN
大トロ倶楽部 - ファミコン通信(現・ファミ通)で連載されていた片山まさゆきの漫画。バンダイナムコの社名を合わせて作られた番台菜夢子(ばんだい なむこ)というキャラクターが登場する。同漫画が復刻連載された際のキャラクター紹介で「作者が合併を予期していたかのような名前」と書かれていた。
外部リンク
Google検索結果
Loading