新刊・新作カレンダーのジャンル

新刊情報検索

雑誌 - コミック・アニメ・BLから検索します。【説明

「publisher:大都社」の検索結果 (RSS)

雑誌 - コミック・アニメ・BLの新刊カレンダーからの「publisher:大都社」の検索結果です。

この検索結果のRSSは、RSSから取得できます。(商品分割版

この検索結果を「Google カレンダー」に登録するには? 【説明

以下のファイルは、右クリックから保存できます。 【iCal形式で保存】 【CSV形式で保存】 【説明

新刊情報検索

雑誌 - コミック・アニメ・BLから検索します。【説明

検索結果 5 件
発売前
発売後



「publisher:大都社」の追加情報

株式会社大都社(だいとしゃ)は、日本の出版社。本社は東京都千代田区三崎町(2008年11月より)かつての本社は東京都文京区水道に存在した。少年画報社の系列下にある。

概要

自社発行の漫画雑誌『漫画ボン』『実際にあった怖い話』の他、『ねことも』『ミニシュガー』など秋水社発行の漫画雑誌も取り扱っている。

単行本は「ダイトコミックス」レーベルにて刊行されている。

漫画ボン:成年劇画コミック誌(月刊誌:毎月25日発売) ※1969年に創刊。
実際にあった怖い話:ホラーコミック誌(隔月刊誌:奇数月24日発売) ※2007年5月に創刊。当初は『漫画ボン』の増刊扱いだったが、2009年3月に独立創刊。
ねことも:動物コミック誌(偶数月16日発売) ※2009年に創刊。当初は『漫画ボン』の増刊扱いだったが、2012年8月独立創刊。(発行は秋水社)
ミニシュガー:ティーンズラブ・コミック誌(奇数月17日発売) ※2009年に創刊。当初は『漫画ボン』の増刊扱いだったが、2011年7月に独立創刊。(発行は秋水社)
恋愛宣言ピンキー:ティーンズラブ・コミック誌(偶数月16日発売) ※『実際にあった怖い話』の増刊扱い(発行は秋水社)
ミニベリー:ティーンズラブ・コミック誌(偶数月2日発売) ※『ミニシュガー』の増刊扱い(発行は秋水社)
プチロゼ:ティーンズラブ・コミック誌(奇数月2日発売) ※『漫画ボン』の増刊扱い(発行は秋水社)
過去に発行していた雑誌
パチスロ設定攻略:パチスロ雑誌大都社 - 会社案内 - 出版刊行物 - データなし(2014年4月9日のアーカイブ)
ファンロード(2004年 - 2009年):アニメ雑誌 ※ラポートより移管、後にインフォレストへ移管。
Lady'sリング→RINGSTARS(2007年 - 2009年):女子プロレス雑誌 ※『ファンロード』の増刊扱い。日本スポーツ出版社より移管した上で『Lady'sゴング』から改題。後に発行元をイズミリングへ、発売元を源流社へそれぞれ移管。
Gリング(2007年 - 2008年):プロレス雑誌
現行の単行本レーベル
ダイトコミックス
2000年代以降の現行レーベル。主に自社発行誌の単行本を取り扱う。美少女コミック、ボーイズラブ、ティーンズラブの単行本ほか、廉価版コミックスも不定期刊行。
2000年には吉田聡の作品を数点復刻している。また、全年齢対象の一般作品に混じって成年コミック(指定マークあり)の取り扱いがある点も特徴である。
サブレーベルとして以下のシリーズが存在する(既に新規発行を停止しているシリーズを含む)。
; Daito comics FRシリーズ
『ファンロード』関連の単行本および書籍を発行するシリーズ。
; Daito comics BLシリーズ
BLはボーイズラブの略。
; Daito comics TLシリーズ
TLはティーンズラブの略。
; Daito comics RCシリーズ
RCはロマンスコミックスの略。
; Daito comics PCシリーズ
PCはペットコミックスの略。
; Daito comics MSシリーズ
『漫画ボン』掲載作品を収録する単行本シリーズ。発行元:秋水社、発売元:大都社

過去の単行本レーベル

ハードコミックス
単行本のレーベルとしては最も古く、2001年まで刊行していた。少年画報社系の再録本や傑作選集のほか、他社作品の復刻版も刊行していた。
1980年代から1990年代にかけては、手塚治虫の作品主に昭和40年代に描かれた青年向け作品など。を再録本を刊行している。
1990年代には、『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)掲載の短編作品を収録して、「傑作集」などの副題で刊行している。
スターコミックス
1980年代半ばから1990年まで刊行していたレーベル。
他社作品の再録本が中心で、永井豪および石川賢、望月三起也、手塚治虫などの作品がある。
STコミックス
1990年から2000年まで刊行していたレーベル。
スターコミックスの後継スターコミックスで1985年に全5巻で刊行した『ゲッターロボ』を、STコミックスでは全3巻に再編集して1990年に刊行している。他方、スターコミックスとハードコミックスの両方で刊行している手塚治虫の作品では重複は無い。。主にロボットアニメや特撮番組のコミカライズ作品、およびSF作品の再録本を刊行。他に和田慎二の短編作品などもある。
注釈
出典

外部リンク
大都社ホームページ
Google検索結果
Loading