新刊・新作カレンダーのジャンル

新刊情報検索

雑誌 - コミック・アニメ・BLから検索します。【説明

「publisher:芳文社」の検索結果 (RSS)

雑誌 - コミック・アニメ・BLの新刊カレンダーからの「publisher:芳文社」の検索結果です。

この検索結果のRSSは、RSSから取得できます。(商品分割版

この検索結果を「Google カレンダー」に登録するには? 【説明

以下のファイルは、右クリックから保存できます。 【iCal形式で保存】 【CSV形式で保存】 【説明

新刊情報検索

雑誌 - コミック・アニメ・BLから検索します。【説明

検索結果 16 件
発売前
発売後



「publisher:芳文社」の追加情報

株式会社芳文社(ほうぶんしゃ)は、日本の出版社である。本社ビルは東京都文京区の水道橋駅と東京ドームシティの間にある。

企業キャッチコピーは「漫画の殿堂」。

歴史

1946年、孝壽芳春が前身となる尚文館(しょうぶんかん)を設立する。

1950年に株式会社に改組したのを機に現在の社名に変更した。週刊漫画雑誌や4コマ漫画専門誌を日本国内で最初に刊行したことで知られ、漫画雑誌を中心とした出版活動を行っている。

1947年、少年雑誌『野球少年』を創刊。『野球少年』は、『少年』(光文社)や『冒険王』(秋田書店)などと共に戦後の少年漫画誌の代表格であった。他に『痛快ブック』(1953年 - 1961年)があった。

1956年、日本初の青年漫画週刊誌『週刊漫画TIMES』を創刊。『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)や『漫画サンデー』(実業之日本社。2013年休刊)と共に青年漫画雑誌の代表格となる。

1981年、日本初の4コマ漫画専門の月刊誌『まんがタイム』を創刊。植田まさしの『おとぼけ課長』は同誌創刊から現在に至るまで連載が続いている。

2002年、萌え系漫画雑誌『まんがタイムきらら』を創刊。

2003年、孝壽尚志が代表取締役社長に就任。

『まんがタイムきらら』にて2007年から連載されている、かきふらいの『けいおん!』は2009年、2010年の二度にわたりTBS系列でテレビアニメ化され、ヒット作品に発展した。原作漫画掲載以外のアニメ作品では2011年にMBS・TBS系列で放送されたオリジナルテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』、2014年にTOKYO MX・ABCなどで放映されたオリジナルテレビアニメ『アルドノア・ゼロ』の製作委員会に参加している。

発行書籍・雑誌

2015年4月現在、『週刊漫画TIMES』以外の定期刊行誌は全て月刊。

劇画雑誌
週刊漫画TIMES(毎週金曜日発売)
ボーイズラブ系雑誌
花音(毎月14日発売)
一般4コマ誌(青年~ファミリー層向け)
まんがホーム(毎月2日発売)
まんがタイム(毎月7日発売)
まんがタイムファミリー(毎月17日発売)
まんがタイムオリジナル(毎月27日発売)
青年向け(準萌え系)4コマ誌
まんがタイムジャンボ(毎月4日発売→毎月12日発売)
まんがタイムスペシャル(毎月22日発売)
若年層向け(萌え系)4コマ誌
まんがタイムきらら(毎月9日発売)
まんがタイムきららMAX(毎月19日発売)
まんがタイムきららキャラット(毎月28日発売)
まんがタイムきららミラク(奇数月16日発売→2012年3月号より毎月16日発売)
萌え系ストーリー漫画誌
まんがタイムきららフォワード(毎月24日発売)
実話系4コマ誌
超本当にあった(生)ここだけの話(毎月26日発売)
書籍
コミックス
芳文社コミックス
まんがタイムコミックス
まんがタイムKRコミックス
花音コミックス
アンソロジーコミック
らぶチュ
その他、読売新聞に連載中の『コボちゃん』(植田まさし)の単行本発行も蒼鷹社から引き継いで行っている(まんがタイムコミックスレーベル)。
関連人物
孝壽尚志 (代表取締役)
小林宏之 (『まんがタイムきらら』グループ編集部リーダー)
加藤昱夫 (『まんがタイムきらら』グループ編集部)
篠原猛 (『まんがタイムきらら』グループ編集部)
久保田尋木 (『まんがタイムきらら』グループ編集部)
関連項目
植田まさし - 当社発行の雑誌で漫画家デビュー。
叡山電鉄 - 当社発行の「まんがタイムきらら」と「きらら」繋がりで「きらら」のコラボレーション企画を実施。
外部リンク
芳文社 - 公式ウェブサイト
Google検索結果
Loading